世界へ羽ばたくトップアスリート育成事業

目標

世界、全国で活躍するトップアスリートの創出を目指す。
主にジュニアアスリートの発掘・育成を中心とした選手強化を実行していく。
世界や全国大会(国民体育大会・全国高校総体・全国中学総体等)において優秀な成績を収めることは、県民に勇気や希望を与え、明るく活力のある社会を形成する原動力となる。このため、効果的な選手の発掘・育成・強化による競技力の向上とスポーツの効力、により本県のスポーツの振興に貢献する。

 

事業内容

(1)ジュニアアスリートの発掘・育成
 ・選手強化
   主に、国民体育大会出場候補選手を対象とした、強化合宿等の実施。
 ・発掘・育成(各競技団体)
   主に、小・中学生を対象として運動能力の優れる選手を発掘し、計画的な育成・強化により、ジュニア選手の競技力向上を図る。
 ・発掘・育成(県スポーツ協会)
   小学4年生を対象にスポーツ能力測定を実施。測定結果をもとに面談等を実施し、運動能力の高い子どもを発掘する。

   選考された選手に対し育成プログラム等を実施し、育成を図る。

(2)指導者の確保・活用
  練習会や講習会等に優秀な指導者を招へいするなど、指導者の養成を図る。また、指導者資格取得研修への派遣や、指導者養成講習会の実施。

(3)トップアスリート育成モデル(育成システム構築)
  バスケットボール・サッカーの2競技を指定し、モデルケースとしてトップアスリートの育成システムの構築を図る。

 
 
世界へ羽ばたくトップアスリート育成事業選手強化補助金について
 
ジュニアアスリート発掘・育成プログラム紹介